奈良県南部にある温泉・キャンプ・釣り・星空が堪能できる村 天川村

  • 文字サイズ変更:

村のご紹介

天川村基本データ


間約60万人が訪れる天川村は、紀伊半島中部に位置し、周りを近畿最高峰八経ヶ岳(1,915m)をはじめとした標高1,000〜2,000mの「近畿の屋根」大峯山系の山々に囲まれた村です。谷間の集落部は441m〜820mの標高にあり、気温は県北部の奈良盆地より5度から3度低く、避暑地に適しています。降水量は1,500〜2,500ミリと多く、高峰深谷の起伏するこの山岳美、渓谷美、原生林の自然美から吉野熊野国立公園に指定されています。

川村は、奈良県のほぼ南半分を占める吉野郡の中央部に位置するとともに、紀伊山地主部にあたる吉野山地の中心に立地しています。吉野山地の主脈であり“近畿の屋根”とされる大峯山系が、本村の東部に連なり、北境および南境もこの支脈によって形づくられ、西端は天ノ川の流出口になっています。
こうした自然環境が、古くはこの地を“秘境”化していましたが、現在では交通網の充実に伴い、急速にその隔絶性がとり除かれてきました。

川村は紀伊半島の脊梁部をなす山岳地帯に位置し、その面積の4分の1は吉野熊野国立公園に指定されています。近畿最高峰である八経ヶ岳をはじめとして標高2000mに近い峰々が連なる大峯山脈、その豊かな原生の森林に発し、深く、そして清らかな流れの数々、またそれによってつくられる滝や渓谷により、神秘性を秘めた自然環境に囲まれたところです。古くから修験道の聖地とされ、大峯山脈の急峻な尾根をたどって吉野から大峰山寺、玉置神社を経て熊野本宮大社に至る「大峯奥駈道」は、2004年7月、「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコ世界遺産に登録されました。

村の周囲は、北方に黒滝村・西北方には五條市西吉野町、西・南方は五條市大塔町、東・北方は川上村、そして東・南方は上北山村と、急峻な大峯山脈とその支脈を境として接しています。本村の面積は、175.66平方kmで、奈良県内では奈良市についで第7位にあたります。また、形状は東西に細長く、南北に狭いという不規則な地形によって形成されています。
の大峯山脈の中央部にあたる最も高峻な山岳地帯から流れ出す美しい清流は、本村の特徴の一つで、国土庁の「水の郷百選」に選ばれています。 また、洞川湧水群は環境庁の「名水百選」に選ばれています。それらの河川は天ノ川を主流とし、村内を西流しながら縦断し、吉野山地を南流する十津川(下流は熊野川)へと合流します。その長さは直線にして約20kmで、屈曲が著しいため実長は約49kmに達しています。
の周囲は、1500m〜1900mの高山が十数峰ある深山地帯に属しているため、気候は低温多湿で、降雨量は比較的多くなっています。
夏季はきわめて冷涼で、天然記念物であるオオヤマレンゲやトウヒ、シラベの原生林など特異な植生もみられます。そして、村の4分の1にあたる52.74平方kmが吉野熊野国立公園に指定され、自然環境に恵まれた美しい村として知られています。


方角 地名 経緯
極東 洞川 東経135°59′
極西 塩谷 東経135°45′
極南 北角 北緯34°10′
極北 洞川 北緯34°17′
面積 175.66平方キロメートル
東西 20km
南北 13km
民家最高所 標高845m(洞川)
最低所 標高441m(塩谷)