奈良県南部にある温泉・キャンプ・釣り・星空が堪能できる村 天川村

  • 文字サイズ変更:

天川村を楽しむ

その他


かりがね橋

川自然研究路の龍泉寺裏のモミ林と大原山との間に架けられたこの吊橋は、「かりがね橋」といいます。全長は120mで高さは50mあり、天川で一番長い吊橋となっております。

橋の名前の由来は、天然記念物に指定されているイワツバメのことを、洞川では「かりがね」と呼んでおり、その飛ぶ姿の美しさ、また「かりがね」の棲んでいることを末永く残したいと言う気持ちを込めて「かりがね橋」と名づけられました。