奈良県南部にある温泉・キャンプ・釣り・星空が堪能できる村 天川村

  • 文字サイズ変更:

天川村を訪れる

天河大辨財天社


天河大辨財天社

つて皇位継承事件で窮地にたたされた大海人皇子は、大和朝廷を守護する神々のふるさと吉野を訪れ、天心地祇に勝利を祈願して琴を奏じました。すると、その音に乗って唐玉緒を纏った天女が現れ、戦勝の祝福を示しました。この天女は、役行者が弥山山頂に祀ったとされる弥山大神でした。これに力を得た皇子は、壬申の乱に勝利を収め、
即位して天武天皇となりました。

の後、天皇はこの天女の加護に報いるため、麓に神殿を造営し、「天の安河の宮」とされました。これが天河大辨財天社の始まりだと伝えられており、天川村の名前の由来となったとされています。

祭神は中央に弁才天、右に熊野権現(本地仏:阿弥陀如来) 左に吉野権現(蔵王権現)がお祀りされており、神仏習合の形態を今も残しています。また、神社は吉野熊野本宮あるいは吉野総社として、大峯修験の要の行場とされ、古来、高僧や修験者たちが集まるところでした。特に弘法大師空海の参籠後は、大峯参り、高野詣と併せて多くの人々が訪れるところとなりました。日本の三大弁天の宗家とされるこの天河大辨財天社は、水の精、辨財天女を祀ります。

た、辨財天女は、音楽や芸能の神様としても有名です。神前での能の奉納が、毎年行われ、世阿弥も用いたとされる阿古武尉の面、能楽草創期からの価値の高い能面、能装束が多数奉納されています。

年間行事

1月 歳旦祭
松囃神事(湯立神楽・三番叟奉納)
小正月とんど祭(於 神社護摩壇)
牛王宝印神符頒布祭
2月 鬼の宿(神迎え神事・社家宅)
節分祭(所願成就厄除け採燈護摩厳修)
天長祭
3月 桃の節句(旧三月三日)
春の太々神楽講講社大祭
4月 春季大祭(能楽奉納)
5月 弥山奥宮大祭(一泊二日)
おんだ祭(お田植え神事)
6月 端午の節句祭(旧五月五日)
夏越大祓式
7月 宵宮祭
例大祭(採燈護摩厳修・能楽奉納)
8月 七夕祭・萬霊供養祭・七夕供養燈花(旧七月七日)
七夕護摩供(供養護摩木等を炊き上げ)
9月 八朔祭
抜穂祭(稲刈り神事)
10月 観月祭
重陽の節句祭(旧九月九日)
11月 秋季大祭(能楽奉納)
新嘗祭
五節句開きの神事(とうとうたらり・旧十月十日)
秋の太々神楽講講社大祭
12月 年越大祓式
除夜祭

◆毎月1日、15日 月次祭

アクセス方法

奈良交通バス「中庵住行」バスで約1時間 天河大弁財天社下車すぐ

奈良交通バス天川川合停留所から 徒歩約30分

住所
〒638-0321
奈良県吉野郡天川村坪内107
電話番号
0747-63-0558
駐車場
普通車50台(無料)
ホームページ
http://www.tenkawa-jinja.or.jp/