- 天川村公式サイト役所ページ - https://www.vill.tenkawa.nara.jp/office -

阿弥陀如来坐像

Pocket

種別:彫刻

所有者:光流寺

所在:庵住

本堂脇壇の寄木造漆箔の阿弥陀如来坐像で、現在の像面の箔および白毫(木製)は後補になるが、肉髺も大きくつくり、細かく切り付けた螺髪をはじめ、彫眼の秀麗な眼なざし、着衣を肌に密着させた体部の彫法などは、明らかに鎌倉時代の正統的な様式を示しており、十三世紀半ばよりは降らない製作年代が推定できる。
 鎌倉時代以前の作例の少ない本村の仏像の中では注目してよい優作である。あるいは交流寺の前身寺院の本尊かと推定されるが確かではない。