- 天川村公式サイト役所ページ - https://www.vill.tenkawa.nara.jp/office -

円空佛

Pocket

種別:彫刻

所有者:栃尾観音堂

所在:栃尾

聖観音立像、大辨財天女像、金剛童子像、護法神像の四体が安置されている。各像は、杉材を荒彫りした円空特有の鉈彫りで、まとまった群像として伝えられている点でも貴重である。そのうち聖観音立像の背面には埋木を施した納入孔があり、仏舎利および木造墨塗の体内仏一軀とともに、紙片残欠が確認された。(昭和三十九年八月二十一日調査)
 紙片は虫食のいちじるしいもので、ほとんど判読不能ながらも、「圓」「作之」「寛文□年庚」の数文字と若干の数字が確かめられる。したがって寛文の庚寅年、つまり寛文十年(一六七〇年)にこれらの像が製作されたものと推定できるが、円空は、元禄八年(一六九五年)に没しているから、これらが彼の熟成期の作例で、その足跡を知るうえでも注目される。