奈良県南部にある温泉・キャンプ・釣り・星空が堪能できる村 天川村

  • 文字サイズ変更:

不動明王尊像及び二子立像

Pocket

種別:彫刻

所有者:来迎院

所在:坪内

不動明王尊像及びニ童子立像、この三体の像は、大阪滝谷不動の像を参考につくられており、一本の木を彫って作られる一木造りの像です。一木造りは奈良時代から平安時代に使われた手法で、鎌倉時代以降になると木を合わせて作る寄木造りが主流。この三体の像は、いずれも一木造りですが、不動明王の大きめの頭部や着衣の強い表現等、平安時代の穏和な作風からはかけ離れており、平安時代の手法を用いた鎌倉初期のものと推測される。