奈良県南部にある温泉・キャンプ・釣り・星空が堪能できる村 天川村

  • 文字サイズ変更:

大日如来坐像

Pocket

種別:彫刻

所有者:来迎院

所在:坪内

本像は、真言密教法界のうち胎蔵界に属する大日如来像で、天河大辨財天伽藍のうち多宝塔の本尊仏である。嵌眼、乾漆製、室町期の優品で、台座、光背共に当初のものとして保存もよく貴重である。寛保三年の調査に安阿弥の作と記してある。
 天正年間の火災によるためか、台座の底がこげ一部炭状になっている。光背を縁どるカラクサ模様は室町金工美術としても見られるものである。